【貯蓄率+30.3%】30代共働き夫婦の家計簿公開!(2020年11月月次)

家計管理

日商簿記1級経理マンのテツオです。

本日は11月の家計簿振り返りをしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

2020年11月の実績と対予算差分(単位:円)

収支
収入:+46万円
支出:-32万円
収支:+14万円
利益率(貯蓄率):+30.3%

 

利益の配分
投資信託:5万円
定期預金:1万円
普通預金:7万円

 

スポンサーリンク

振り返り  収入編

給与:+45万円(夫婦合算)

今月はまたまた残業が増え、収入は45万円。

法定残業MAXの80時間近く働いたため、一馬力ながらかつてない給与水準になりました(白目)

とはいえこの給与にあまり高揚感はなく、むしろ虚無感の方が大きいくらいです。

※画像は「賭博破戒録カイジ」1巻より引用

いくら在宅勤務でも残業80時間はかなり辛いんですよ…過労死ラインが残業月80時間と言われている理由がよく分かります。

しかもこれで身に付くのが社会一般で通用する汎用スキルではなく、社内調整や今の業界でしか使えない専門知識。

中々厳しい状況ですが、残業代を奪いに行くくらいの気持ちで、効率化を図りつつ稼ぐしかないですね。

 

また、今月の妻の収入はなし。育休手当がそろそろ入金される時期なのですが、12月になるのかな?

 

その他収入:6円

今月はその他収入が6円ありました(笑)

これはブログ…ではなく楽天銀行の「現金プレゼントサービス」で、楽天銀行アプリから広告をクリックするだけで現金がプレゼントされるので、何もないスキマ時間にポチポチしてゲットしました。

テツオ
テツオ

現金ゲットだぜ!(笑)

 

スポンサーリンク

振り返り  固定費編

家賃:9.2万円(共益費込み)

家賃はいつも通りの9.2万円。

この金額でもそれなりの負担感はあるので、以前の記事に書いた通り、家を購入したとしても月々のローン返済額は家賃以下にしておきたいと思います。

 

光熱費:0.5万円

寒くなり始め、ガス代は予算を若干上回りました。

 

水道代は2ヶ月分ですが、予算が1ヶ月4.5千円に対して実績1.3万円のため、大幅オーバーでした。

これは家族が増えて3人になり、食器洗い・風呂・洗濯の量が増えたのでやむなしの部分はあります。

生活を変えずに水道代を削減するには以下の方法があるので、少し検討してみようと思います。

 水道代の削減方法(案)
  1. 洗濯を1回にまとめる
  2. 洗濯に風呂水を使う(0歳児がいるので難しいか?)
  3. 食洗器を導入する
  4. 節水シャワーヘッドを使う

 

電気代は楽天でんきのポイント払いにしているため、手出しは0円です。

https://twitter.com/tetsuo_index/status/1317059033933598722

楽天でんきの紹介と楽天ポイントの貯め方は以下の記事を参考にして下さい。

 

通信費:0.7万円

携帯代は夫(LINEモバイル)と妻(UQモバイル)で合計0.3万円。

夫(LINEモバイル)はLINEポイント払いにしているため手出し0円。

なので携帯代は実質妻の分だけですね。

 

ネット回線はぷららの光回線を使っています。

通信速度・品質がかなり良く、キャッシュバックを考慮すると実質2,500円程度で使用出来ているので、非常に満足しています。

 

保険:0.4万円

私の生命保険と妻の県民共済の保険代です。

私が契約しているのはメットライフ生命のスーパー割引定期保険

保険期間10年、保障金額2,500万円で保険料が2,325円で、最安の部類に入ります。

 

県民共済は出産に伴う入院などに利用するつもりで入りましたが、役目を終えたため1月に入ったら解約しようと思います。

 

固定費計:12.4万円(対予算+0.5万円)

固定費は引き続き低水準をキープ出来ています。

今後は「生活を変えずにどう水道代を削減するか」が1つのテーマになりそうです。

 

スポンサーリンク

振り返り 変動費編

食費:6.9万円(外食費込み)

食費は今月も予算をオーバーしてしましました。

甘いものを買いすぎたということはないのですが、買い物に行く回数が多く、買ったはいいものの使い切れていない分が少し多かった印象です。

冷凍庫がパンパンになっているので、今ある食材でやり繰りをして買い物の回数を少し抑えめにしていくのが一案かなと思ってます。

 

日用品:2.0万円

シャンプー、フロス、小物代など。

小物を色々買っていくと積み重ねで意外と大きな出費になるので、小物でも買いすぎは注意ですね。

 

交際費:0万円

今月は交際費は特になし。

本来なら忘年会シーズンが始まって結構な金額になる可能性があったので、コロナ禍の数少ない功と言えるでしょうか。

 

小遣い:5万円

予算通り。

 

医療費:1.0万円

今月は夫婦ともに歯医者に行ったりインフルエンザの予防接種を受けたりしたので若干予算を上回りましたが、必要経費ですね。

レジャー費:0万円

引き続きレジャーにいける状況ではないため、レジャー費は0円。

テツオ
テツオ

しかしこの度自家用車を購入しました!(簿外)

子供もそろそろ外へ連れていける月齢になってきたので、密を避けてレジャーを少しずつ楽しみたいと思います!

 

子供費:2.0万円

ミルク、オムツ、おもちゃ、絵本代など。

テツオ
テツオ

子供費、色々な名目で結構掛かりますね(汗)

またボーナス月に積み立てた特別費でベビーカー(約3万円)を購入しています。

 

その他:2.5万円

妻の住民税、食器、被服費など。

またガソリン代で0.2千円ほど掛かっており、車関連経費は次年度からは別枠で予算を取ろうと思います。

 

変動費計:19.5万円(対予算+0.3万円)

ボーナス月に積み立てした特別費を使いつつ、ほぼ予算内でやり繰りすることが出来ました。

 

スポンサーリンク

2020年11月月次総括

今月は残業代&特別費やり繰りにより大幅プラスになりました。

年度累計の貯蓄額(普通預金)は124万円と、年度目標の84万円を大幅クリアー。

目標を上回った余剰分は投資に充て、少しでも資産を増やしていこうと思います。(既に30万円分を追加投資しました)

 

12月のボーナス月で更に積み増しを行い、貯蓄の最大化を図ろうと思います。

 

ありがとうございました。

 

こちらの記事も読まれています

 

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました