【還元率20%以上】消費税10%をお得に乗り切る方法!その②

節約・節税

日商簿記1級経理マンのテツオです。

前の記事の続き、消費税10%対策その② 民間のサービス活用法の紹介です。

前の記事(政府の制度編)をご覧になってない方は以下からどうぞ。

【ピンチをチャンスに】消費税10%をお得に乗り切る方法!その①
日商簿記1級経理マンのテツオです。 早いもので、9月も1週間が過ぎました。 消費税が10%になる10月が近づいてますが、皆様は何か増税対策をされてますでしょうか? 今回の増税は焦って買い溜めをする必要は全くないです。それど...
スポンサーリンク

クレジットカードの還元キャンペーンを利用する

政府のキャッシュレス推進施策に合わせて、クレジットカード各社は自社へ囲い込みを図るため、競って大型キャンペーンを展開しています。

消費者としてはこのようなキャンペーンを上手く利用して増税をお得に乗り切りたい所です。

政府主導の施策(2%または5%還元)とも重複可能ですので、合わせて最大25%の還元を受けることが出来ます。

 

現時点の主要なキャンペーンは以下の2つです。

三井住友カード(20%キャッシュバック)

 

6万円利用することで1万2千円キャッシュバックされる三井住友カードのキャンペーンです。

ポイント還元ではなく、現金キャッシュバックというのが非常に嬉しいポイント。

アプリログインとにカード利用だけで条件クリアというのもありがたいですね

私も1枚発行予定ですが、利用期限がカード発行2ヶ月後までというのと、2年目から年会費が掛かるのが注意事項です。

 

公式サイト

www.smbc-card.com

 

JCBカード(20%キャッシュバック)

 

各種JCBカードをApple PayまたはGoogle Payに紐付けて利用すると20%キャッシュバックされるJCBカードのキャンペーン。

三井住友カードと違って新規カード発行が不要なので、既存ユーザーに優しいのが嬉しいポイントですね。

私の場合は残念ながら使用機種がiPhone SEでApple Pay未対応のため、本キャンペーン不参加の予定ですが、12月までに機種変更した場合は乗り込みます!

 

JCBカードを新規発行する場合のおススメカード

■JCBカードW/L

主に39歳以下のカード、Wは男性向け、Lは女性向けです。

年会費は無料で、Amazonで購入する際、特設サイト経由で購入することでポイントが貯まるのが特徴です。(貯めたポイントはAmazon等で利用可能)

 

■ANA To Me CARD PASMO JCBカード(ソラチカカード)

飛行機に乗らずにマイルを貯める、陸マイラー必須のカードと言われています。

年会費は初年度無料、2年目から2,000円ですが、旅行好きにとっては年会費を補って余りあるメリットがあるカードです。

 

スポンサーリンク

kyash +ペイ系の活用

ただクレカで決済をするのではなく、kyashやペイ系と組み合わせることで更なる還元を狙うことができます。

 

kyashリアルカード

名目はプリペイドカードですが、クレジットカードを紐付けることで実質的にクレジットカードとして利用出来ます。

クレジットカード会社のポイントとは別に、kyash独自のキャッシュバックがあり、9月までは利用額の2%、10月以降は1%キャッシュバックされます。

ただクレカを利用するより、クレカをkyashに紐付けてkyashで支払することで、更に1~2%のキャッシュバックが得られるということですね。

 

公式サイト

kyash.co

 

origami pay

Pay系の中でkyashと相性が良く、origami payにkyashを紐づけてorigami payで支払ことで、ポイントの3重取りが可能になります。

  • origami pay→2%または50円OFF
  • kyash→9月は2%、10月以降は1%
  • クレカ→三井住友カードなら20%

更に政府の還元策と合わせると4重取りと、決済方法を工夫するだけで、増税分以上に取り返すことが出来ます。

origami payを利用出来る店舗はorigami pay、利用出来ない店舗はkyashを使用するとルール付ければ、混乱せずに済むと思います。

 

公式サイト

Origami - スマホ決済「Origami Pay」について
財布も、カードも、さようなら。今日からはスマホ決済アプリでお支払い。身も心も軽くなって、なんとオトクまでついてくる。Origami Payをスマホに入れて。こんにちは、キャッシュレス。あたらしい生活がはじまるよ。

 

d払い

ドコモのキャッシュレス決済、d払いの大型キャンペーンです。

期間中にd払いをすることで、20%還元されるというもの。

ポイント還元であることと、最大還元額が少ないことがネックですが、クレカ払いにすることでポイント2重取りが出来るのが嬉しいポイントです。(kyashを紐付け出来ないのが残念なところ)

 

公式サイト

dpoint.jp

 

スポンサーリンク

まとめ

現金では一切のキャッシュバックを受けることが出来ませんが、以下3つの施策を利用することで、キャッシュレスならば最大45%の還元を受けることが出来ます。

  • 政府のキャッシュバック(2%または5%)
  • クレジットカード会社のキャッシュバック(20%)
  • kyash+ペイ系の利用(d払いは20%、kyash+origami payは3%)

使用方法がややこしいと感じる方もいると思いますが、以下のルールで支払いを行えば問題ないです。

 

事前準備

  • kyash・d払いにクレジットカード(三井住友カード)を紐付ける
  • origami payにkyashを紐付ける
  • apple pay または google payにJCBカードを紐付ける

 

支払い

  1. 15,000円まではd払いで決済(1回あたり5,000円まで)
  2. origami payを使える店舗はorigami payで決済
  3. kyashを使える店舗はkyashで決済
  4. kyashを利用出来ない店舗は三井住友カードで決済
  5. 1~4の合計額が6万円以上になったらapple payまたはgoogle payで支払い
  6. 5の合計額が5万円以上になったら各種決済の紐付けカードをメインカードに切替える

 

色々なキャンペーンがあって整理し切れないかもしれませんが、100点を狙わずに70点を狙いに行けば、それだけでもかなりお得になります。

消費者としてはこれらの還元策を利用しない手はないので、どんどん活用し、増税分以上の還元を受け、お得に暮らしていきましょう!

ただし、還元されるからと言って無駄遣いはNGですよ!

 

私が紹介したもの以外にも様々な決済手段が存在するので、自分に合った決済手段を探すのも楽しいと思います。

 

本日は以上になります。

ありがとうございました。

こちらの記事も読まれています

 

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました